語り芝居 太宰治の世界vol.2

  • 2017.08.07 Monday
  • 16:15


J-Theater 日本人作家シリーズ

語り芝居 太宰治の世界vol.2
幻想と現実、そして思い出
〜『逆行』より「蝶蝶」
『陰火』より「尼」
『女学生』 『津軽』〜

2017年9月4日(月)〜9月6日(水)
小劇場「楽園」(下北沢)

構成・脚本/原きよ
演出/小林拓生

出演/堂下勝気、中井亮、小林拓生、
辻洋子、水渓真希、山東けい、松岡明日香、原きよ

荒川淳平、田辺朋志、廣木勇太郎、和島啓介、
猿渡優衣、高西笙子、滝田望貴、田中愛、常見莉奈、森枝沙紀恵

能管演奏/やすだまこと
【作品紹介】

「蝶蝶」
病床にある「25歳の老人」の回想。つながりを持ちながら独立した四篇からなる『逆行』の最初の作品。

「尼」
『陰火』四篇の最後を飾るのは、枕元に突然、尼が現れる。さらには……。不可思議な世界観を持つ異色作。

『女生徒』
1939年、文學界に初出。女性読者から送られてきた日記を元に、14歳の女生徒の一日を独白体で綴る、太宰の代表作のひとつ。

『津軽』
1944年刊。「私」が故郷の津軽(金木、五所川原、竜飛、小泊など)を旅する紀行文的な私小説。

【タイムテーブル】

4(月)19時半、5(火)15時半/19時半
6(水)13時/16時/19時

開場は上記の30分前。(受付開始も同刻)

【チケット】
前売2800円、当日3000円、学生2500円

予約方法
info.jtheater@gmail.com
上のアドレスに、件名「太宰」、本文に、お名前・よみがな・希望日時・枚数・券種を記入して送信ください。返信をもって予約完了となります。



スポンサーサイト

  • 2017.08.07 Monday
  • 16:15
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする