『櫻の園 Japan mix』 『父帰る2015』公演終了!!

  • 2015.06.15 Monday
  • 12:00
『櫻の園 Japan mix』 『父帰る2015』
5月、6月と分割二ヶ月に渡り、下北沢「劇」小劇場、小劇場「楽園」と二箇所の会場の公演、
大盛況のうちに終えることが出来ました。

ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!!

いつかまた再演できることを祈って。


櫻の園集合写真

文責・望

『櫻の園 Japan mix』六月の配役

  • 2015.05.29 Friday
  • 12:01
チェーホフの名作『桜の園』を現代日本に置き換えたJ−Theater最新作、
好評裡に幕をおろした5月に続き、6月は小劇場「楽園」にて。
その出演者が以下に決定しました!

『櫻の園 Japan mix』

6月9日(火)〜10日(水)【シングルキャスト】
神保麻奈、井ノ口勲(劇団世代)、田辺誠二(DOUBLE FOXX)、
堀越健次、酒田真弓(劇団東演)、望野哲也

※以上は3ステージすべてに出演

 
6月9日(火)19時
植松優、柴田恵、伊賀はるの(東京ハイビーム)
添田泰介、森快晴、前田博美近藤陵


6月10日(水)13時
植松優、柴田恵、戸田梨恵、
高岩明良、長瀬充男、前田博美、近藤陵


6月10日(水)19時
森真穂(東京ハイビーム)、疋田真未(東京ハイビーム)、
戸田梨恵高岩明良(ライラックプロモーション)、
長瀬充男、萩原裕美子恩田匠

『櫻の園 Japan mix』 『父帰る2015』公演情報

  • 2015.05.13 Wednesday
  • 20:57

J−Theater+東京ハイビーム共同企画公演

『櫻の園 Japan mix』
チェーホフ作『桜の園』より)
脚本/山下哲、小林拓生
演出/小林拓生


『父帰る2015』
菊池寛作『父帰る』『温泉場小景』より)
潤色/伊藤洋三郎
脚本・演出/吉村ゆう

2015年5月7日〜10日、「劇」小劇場
2015年6月8日〜10日、小劇場「楽園」

 

国内外の名作を、現代日本に舞台を移して。

J−Theaterと劇団東京ハイビームが初めてタッグを組み、演劇のメッカ下北沢にて上演します。

出演(櫻の園 Japan mix)

神保麻奈、井ノ口勲(劇団世代)、田辺誠二(DOUBLE FOXX)、堀越健次、酒田真弓(劇団東演)
以上シングルキャスト。以下はダブルキャスト

高岩明良(ライラックプロモーション)、田邉佳祐(SNSカンパニー)戸田梨恵疋田真未(東京ハイビーム)、前田博美、柴田恵、伊賀はるの(東京ハイビーム)萩原裕美子、植松優、森真穂、望野哲也、森快晴(劇団東京ルネッサンス)、添田泰介、長瀬充男、近藤陵、恩田匠

かつて栄華を誇った「ハルヤマハチミツ」。その広大な養蜂場は「桜の園」として有名だ。

過去の夢に溺れ現実を直視できない春山夫人と呑気な兄、その広大な土地の運用を持ちかける新進実業家の野田。彼の父はかつての従業員だった。新旧の価値観の狭間で、夫人の次女は新たな未来に歩み出そうとしている。そして「桜の園」の競売日は迫って……。
チェーホフの最後の戯曲となった、喜劇『桜の園』を現代の新百合ヶ丘を舞台に。


出演(父帰る2015)

伊藤洋三郎、山本みどり、木下政治、辻しのぶ(5月のみ)、憩かなみ、砂押正輝、松浦慎一郎、白玉さゆり(東京ハイビーム・6月のみ)、黒田由祈(東京ハイビーム)、大西真央(東京ハイビーム)、藤谷玲奈(東京ハイビーム)、長谷川麻由美

黒田家では長男が婚約者を連れて来ることになり、その準備でおおわらわ。ところが長男は婚約者には「父親は死んだことにしてくれ」と発言し、家族は大混乱。そう、父親は事業の失敗で家族を置き去りにして失踪していたのだ・・・
そんな折、その父親が姿を現す!
菊池寛が大正6年に発表した一幕劇の短編『父帰る』。三度映画化もされた名作に、同じく菊池の短編『温泉場小景』も織り込んで。


スタッフ
舞台監督=藤本典江、照明= 川村孝志(ライティングユニオン)
音楽=高橋孝文[]、
演出助手=望野哲也
[]

演出部=芳賀美咲[父]、黒田由祈[父](ともに東京ハイビーム)
美術監修=加藤ちか、
衣裳監修=加藤佑里恵(文化衣装)
音響監修=坂口野花[父]、橘憲一郎[櫻](ともにTEO)
ダンス指導=小笠原睦月[櫻]、いづみ&ゆうや[父]

宣伝美術イラスト=吉村真歩、宣伝美術デザイン=松田陽子
舞台写真横田敦史

制作高橋俊也(THEATRE-THEATER)、制作助手=佐藤友美

企画=J−Theater、劇団東京ハイビーム

製作=J−Theater

タイムテーブル
5月 7日(木)19時【父】
5月 8日(金)15時【父】/19時【櫻】
5月 9日(土)13時【櫻】/16時【父】/19時【櫻】
5月10日(日)13時【父】/16時【櫻】 以上「劇」小劇場にて
6月 8日(月)
19時【父】
6月 9日(火)15時【父】/19時【櫻】
5月10日(水)13時【櫻】/16時【父】/19時【櫻】 以上小劇場「楽園」にて

料金
前売3300円  当日3500円
セット券5500円(櫻と父2作品鑑賞券)
全席自由・日時指定

チケット発売 2015年4月15日(水)

取り扱い 

ウォーカープラスチケット(http://ticket.walkerplus.com/
※チケット代金とは別に所定の手数料(300円)がかかります。
カンパニーメール info.jtheater@gmail.com 

件名=チケット予約。本文に「氏名・ふりがな・希望日時・枚数」を記入し送信ください。

問い合わせ 090−3474−7999(制作携帯)


 

五月公演終幕

  • 2015.05.13 Wednesday
  • 19:35
おかげさまで、5月7日(木)〜10日(日)
下北沢の「劇」小劇場での
J−Theater+東京ハイビーム共同企画公演
『櫻の園 Japan mix』
『父帰る2015』は終幕いたしました。

ご来場いただいた皆様、ご支援いただいた皆様
あらためまして有難うございました。

本日より、早速『櫻〜』は来月に向けて稽古を開始します!

連休あけという時期で観劇を逃した方、
面白かったので、今度は友人を誘ってもう一度
・・・さまざまな思いを受け止めて、

『櫻〜』は、一部ダブルキャストで2ステージずつお届けしましたが、
6月は、最終回にスペシャル編成の配役をご用意。
(詳しくは後日発表します)

また『父〜』も、6月のみ出演の役者が加わり、
それによってキャスティングも一部変更されます。

どちらも「新味」を加えた舞台で皆様のお越しをお待ちします。